塾ナビ|失敗しない塾の選び方

最新情報

小学生の塾、中高一貫校・難関校受験のために

近年、小学生とその両親、特に母親には、中高一貫校は人気があります。中高一貫校が得てして個性的で明るい雰囲気があるのは、高校受験がないというメリットで伸びやかに学校生活を送ることができるからでしょう。それが中高一貫難関校ともなると、独自の教育方針と教育水準の高さや有名大学への合格率などから人気はさらに高くなります。そして、そんな将来性のある中高一貫難関校受験を目指す小学生も、得てして将来性のある優秀な子どもたちであることが多いようです。

中高一貫難関校受験では、優秀な小学生たちが競いあいますので競争は紙一重で決まります。市販の受験教材、通信添削などを活用して自宅学習することで合格を手にすることは、親子共に非常な努力が必要になってくると思います。中高一貫難関校受験では、小学校で習う内容と全く別の内容を並行して勉強しくてはいけませんからね。

そのため、中高一貫難関校受験を専門にした塾や個別指導を行なう塾に通うことが有利になるようです。中高一貫難関校受験に対応した塾では、中高一貫難関校受験のデータや情報量の蓄積が多いので、より中心に近い勉強を効率よく受けることができます。
中高一貫難関校受験を目指す小学生が勉強嫌いということは少ないと思いますので、受験用専門教材を「好奇心」と「やる気」で吸収することができるでしょう。一度コツを掴んだら、子どもらしい柔軟な適応性を発揮して、どんな教科の勉強法にも応用力をつけていくものです。

とはいっても、子どもだけの努力では中高一貫難関校受験を勝ち抜くにはムリがあります。また、塾に行かせただけで後はお任せでも、子どもの学力は伸びないものです。家庭で学んだことから基礎学力を強化する勉強の手伝いをしてあげ、読書や作文を書く力をつけ、時には外で体験的に学習させるなど親子で一緒に学びながら中高一貫難関校受験を目指すことが重要でしょう。

忍耐強く且つ明るく親子で学ぶ態度は、目前の中高一貫難関校受験だけでなく、大学受験など将来的な学習の準備や親子関係の良好な絆の役にも立ちます。

タグ

小学生の塾、中学受験のために

小学生の半数近くは公立中学へ進学するようですが、学区内の公立中学校の評判の悪さや将来のことを考えてよりメリットの多い学校をめざして中学受験をめざす親子が増えています。ある塾の調査では中学受験を予定している人は3割以上もいたそうです。これの数字は都心になるともっと増えるのではないでしょうか。

中学受験をめざすと、普通の小学校では中学受験のために特別な勉強はしませんから、塾へ通うことを考えるようになりますね。特に、競争率の高い国公立の中高一貫校や有名私立中学を目標としている子どもは、大抵小学校4年生頃から中学受験のために塾通いをスタートさせることが多いというので、結構早い時期から中学受験の準備にとりかかっていることになります。さらには、上には上がいて小学校入学前から中学受験を目標に塾に通う子どもいるといいますから、小学校後半から中学受験をぼんやりと考えていた人は出遅れた感があるかもしれません。

早めに塾に通い、中学受験をスタートさせた子どもも、小学校5~6年から本格的に中学受験の勉強を始めようとしているこどもにも、合格の可能性は同じぐらいあると思います。基本は良い塾選びとこどものやる気、そしてプレッシャーを極力押さえてやる気を伸ばしてあげることのできる親と塾の先生の力にあるのではないでしょうか。 

また、中学受験のために塾で学ぶことは、受験勉強をゆっくりとスタートさせた子どもにもプラスに働く点が多いです。
塾に通うことでメリットとして、同じ中学受験という目標をもった友だちができて、競争しながらも楽しく勉強ができるということ。楽しさとやる気が一緒になれば、子どもの能力は飛躍的に伸びます。

小規模塾や大規模塾、地域密着型の塾や全国展開の塾、特定の中学受験の専門塾、個別指導中心の塾など塾によってメリットやデメリットは異なってきますが、要は中学受験をする子どもの学力や性格にあった塾を見つけてあげることが大切でしょう。

1~6年は、小学生にとっては長い受験期間ですから、小学生らしい素直さと好奇心を発揮しながら自然に楽しく学ぶ機会となり、且つ中学受験という目標に向かうという強さ、たくましさを身につけるようになってほしいものです。

タグ

カテゴリー:塾 小学生 中学受験

小学校低学年の塾

小学校低学年で学習塾というのは、子ども気持ちを無視したつめこみ教育的と思われがちです。ところが意外なことに、文部科学省の平成20年の調査では、子どもを塾に通わせた理由で一番多いのは「子どもが希望するから」になっています。また、逆に塾に通わせない理由も「こどもがいやがるから」で、一般的なイメージの「教育ママから強制されて塾に通う子ども」はほとんどいないと思ったほうが良いようです。

好奇心旺盛な小学校低学年は、日々の学習の中で「楽しい」「面白い」と感じられる瞬間が多いほど、学習に対する意欲が出て学力が伸びます。小学校低学年を対象とした多くの塾では、いかに「楽しい」「面白い」授業をすることができるのかの情報を蓄積しています。つまり、塾では子どもの知的好奇心を刺激し、学習に対するやる気を与えるノウハウと人材があるということです。

小学校低学年の子どもが塾に行きたいと思うきっかけでは、前出の調査で、「学校の授業だけでは受験勉強が十分できない」「学校の授業についていけない」「学校の授業だけでは物足りない」などが上位を占めています。つまり、一部をのぞいて現在の学校では、残念ながら塾のようなやる気を与える授業ができないでいるというのが実情ではないでしょうか。一日の大半を過ごす学校より、プロの立場から短時間で効率的な授業を提供する塾のほうが「楽しい」「面白い」と思うことは当然のことかもしれません。

小学校低学年の子どもにやる気を起こさせ、自然な学習習慣を身につけさせる塾の役割は重要になっているようです。
学校や家庭で子どもの学習能力を伸ばしてあげる機会が少ない、子どもに学びたい意欲があるのなら、小学校低学年での通塾はメリットが大きいです。通塾を決めたら、小学校低学年では子どもの学習能力や性格、各家庭の予算にあった塾、自宅からムリなく通える塾を選び、子どもに学習に対する「やる気」を与えてあげましょう。

タグ

カテゴリー:塾 小学校低学年

中学三年生の塾、冬期講習

塾の冬期講習は、学校の冬休み期間を利用して行なわれるのが普通です。年末も押し迫ると、中学三年生にとって高校受験はもう目前です。超難関校といわれる一流の高校受験は当然ですが、地元の高校受験でもここで気を抜くことはできません。もちろんあせりはもっと禁物ですが。

高校受験のためにずっと塾に通っていた中学三年生にも、夏期講習や冬期講習などの短期講習をポイント的に受講してきた生徒も、最終段階のこの時期に行なうことは「志望校の過去問題集」を集中的に解くことです。出題傾向は学校によってある程度決まっているので、同じ問題でもできれば3回以上解いていくと、問題や傾向を自然に掴むことができます。その後、残された期間を弱点克服や傾向対策にあてると良いでしょう。

中学三年生が通塾する場合、入塾していきなり受験対策の勉強開始というより、冬期講習までは受験勉強の仕方や一・二年の単元を復習すること、自分の弱点を補う補習授業的な内容を学び、冬期講習の直前から本格的な受験対策を行なう進学塾的な内容に変わるのが流れです。
冬期講習では模試を行なうことが一般的なので、本番に臨む前に試験の雰囲気に慣れることができます。

塾の冬期講習で参加するメリットには、模試には本番のように臨み、本番では塾での模試を受けている気持ちでリラックスして試験に取り組む練習ができることにあります。さらには塾の友だちの受験態度も刺激になるので。ひとりで取り組むより良い結果が出せます。
もちろん本番の受験では、程よい緊張感を忘れないようにすることも大切です。

タグ

中学三年生の塾、夏期講習

中学三年生の夏は、受験勉強の最終段階に入ります。受験科目の基本事項に集中して総復習できるのは夏休みしかありません。受験勉強を効率よく進めるには塾の夏期講習などを受講すると良いでしょう。これまで積み重ねてきた勉強の成果と自分の弱点を知ることができます。弱点を補習しておくと9月以降の勉強にも自信がつきます。

中学三年生で塾の夏期講習を受けることのメリットは、塾が補習塾であれ進学塾であれ、これまでの実績から受験データを豊富に持っていることにあります。つまり、短期間で効率よく基本事項を学ぶことができる点です。自宅では受験教科の復習をして基礎力をつけ、9月以降、塾の夏期講習で利用した問題集を使って計画的に繰り返し勉強していくと、自然に解答のコツや傾向などが身についてきます。
中学三年生の夏までは、本格的な受験対策よりも、夏期講習などを受講することで基本を身につけることを目標にしたほうが結果的に合格への近道になります。基礎がなければ受験問題に挑戦してもやる気がなくなってしまうだけですから。

塾の夏期講習を受講する際、受験が目前の中学三年生だからといって、必ず全受験科目を受講しなければと思うことはありません。志望校が重視している科目(例えば英数など)や不得意な科目のみで夏期講習を選択するのが良いと思います。短期間に多くを求めると却って負担が多くなり自信を失いかねません。夏期講習など短期の講習はあくまで自信をつけることが目的です
自宅で総復習問題集や志望校の過去問題集を繰り返し解くことで力はつきますから、塾の夏期講習は補習的に、情報収集と強化目的のためだと思ってください。
夏期講習と平行して、学校の定期テスト以外の試験に慣れるために模試にも挑戦しておきましょう。

中学三年生のときに受験勉強を通して、各教科の基礎を固めておくことや塾の夏期講習や模試を通して場に慣れることを学習することは、将来、例えば大学受験などにも役立ってきますので、やる気を出してがんばりましょう。

タグ

中学三年生の塾、高校受験のために

都心を除いて大多数の中学三年生にとって高校受験は、人生で始めての受験ではないでしょうか。公私の地元の高校を受験するにしても、難関校といわれる学校を受験するにしても高校受験の勉強は、先ず勉強をする習慣を身につけることからはじまります。

高校受験の勉強は早めにスタートすると、受験勉強の仕方や試験内容などのコツを自然に楽に掴むことができます。でも、超難関一流高校受験を別にすれば、中学三年生から受験勉強を始めても十分に間に合います。

少しずつでも勉強する習慣を身につけたら、中学三年生のために高校受験対策を行なっている塾に通うのが良いでしょう。高校受験に真剣に取り組む仲間を一緒に勉強することで、やる気が出てくると思います。クラブ活動などで通塾ができない中学三年生なら、塾の夏期講習や冬期講習などを受け集中的に高校受験対策を行なうことをお勧めします。

最終段階では、ある程度の高校受験知識を習得したら、高校受験をにらんだ大規模な模試を受け、試験の雰囲気を知ることが大切です。塾で受講していれば、大抵は塾でまとめて申し込みするので、個人で申し込むよりムダなエネルギーを使わないですむメリットもあります。

中学三年生にとって、高校受験の勉強で大切なことは、中学一~二年生の単元はきちんと復習し、理解しておくことです。高校受験の入試問題は、中学一~二年生の単元から80%以上出題されているといわれています。
また、問題は高校受験をする地域や学校によって傾向は異なりますので、志望する高校の過去の問題集を何度も繰り返して解いて傾向をつかみ、自分の弱点ややっておくべきことは塾の対策講座などを利用して補習すると良いでしょう。多くの塾は高校受験対策の専門的な情報を蓄積しているので効率よく学べるはずです。

余裕をもって高校受験対策を始めた中学三年生はもちろん、夏休みくらいから高校受験について考えた中学三年生にも、復習を中心に計画的に勉強をしていけば無理なく合格できるはずです。高校受験はやる気が重要です。やる気があれば、ちょっと難しいなと思う問題もがんばって挑戦することができるし、解けたときは楽しい気持ちになるものです。その楽しい気持ちとほどよい緊張感を持って高校受験に臨めるように、本人も親も学校も塾も協力してあげたいものです。

タグ

中学二年生の塾、冬期講習

中学二年生の冬休みともなると、いよいよ高校受験について真剣に考える時期です。受験勉強をどこからスタートさせていいのか分からない生徒や志望校が未定の生徒は、中学二年生の冬休みを利用して、塾の冬期講習を受講すると良いでしょう。中学二年生を対象とした塾の冬期講習は補習的なものに受験情報を加えたものが多いので役に立ちます。もちろん、志望校も決まり受験勉強の準備を整えている生徒にも塾の冬期講習にはメリットがあります。

学校や地域によって多少は異なりますが、高校受験の問題は、中学一年生と中学二年生の学習範囲から約80%も出題されています。つまり、中学二年生の後半では、これまでやってきたことをしっかり復習する必要があるということです。難しい応用問題を解く力も必要でしょうが、実際に難問題が出題されるのは試験の10%~20%程度です。満点を取らなくても合格はできるので、教科書レベルの基本の問題で点数を取ることを重点にしたほうが良いでしょう。

塾の冬期講習は短期間ですが、集中的に基本の復習をすることができ、自分の弱点を知って克服する機会になります。また、よほど意志が強くないと独りでの勉強はムダが多くなったり、たるんできたり、不安をもったりするものです。
塾の冬期講習を受けることで、受験をプロとする先生からの指導や塾の友人たちとの会話から、程よい緊張感とやる気が生まれ、高校受験に向けて良好なスタートを切るきっかけとなります。

塾での冬期講習が終了したら、中学二年生の残りの期間を冬期講習で学んだことや、これまでの中間。期末テスト、模擬テストなどのテスト問題を繰り返し解いて教科内容の理解に努めましょう。繰り返し解くことで、傾向が似た問題は自然に解けるようになるものです。さらには、学校で学んだことはその日のうちに復習してなるべく分からないところを作らないようにします。とにかく一日30分でも勉強する習慣を身につけると良いでしょう。そうすることで、中学三年生になったとき楽に受験勉強をすることができるようになり、合格への自信がつきます。

タグ

中学二年生の塾、夏期講習

高校受験に出題される問題は、中学一年生と中学二年生の学習範囲から約80%出されます。中学二年生の範囲だけに限れば約45%も出題されているそうです。
中学二年生のうちに中学一年生の学習範囲をみっちり復習して、中学二年生の学習範囲はそのつど弱点を克服していくことが大切です。つまり、中学二年生は最も充実させなければならない時期なのです。そんな大切な時期に利用したいのが塾などで行なう夏期講座です。

中学二年生の夏休みは学校生活にも慣れてきたこともあってだらだらと過ごしたり、クラブ活動など勉強以外のことに時間を割くことが多くなります。勉強から離れがちな生活を送っていると、9月以降の授業や本格的な受験勉強に向けての意欲がなくなってしまいます。中学二年生が塾の夏期講習を受けるメリットは、中だるみした習慣をすぐに変える効果があることです。
塾の夏期講習は短期間ですが、ほとんどが良くプログラムされているので、学習に対するやる気を引き出してくれます。夏休みにいろんな生徒と机を並べて勉強することも刺激になり、学習意欲が出てきます。

中学二年生を対象にした塾の夏期講習では、超難関校対策の進学塾を除いて、中学一年から中学二年生の一学期までの学習内容を復習するところがほとんどです。夏期講習という機会を利用して、これまで学んだことを整理し自分の弱点を知ることができます。また、弱点克服のためにやらなければいけないことを知ることもできるでしょう。塾によっては、夏期講習に平行して個別指導を行なってくれることもあるので、今後の学習方法を教わるのも良いでしょう。

中学二年生の夏休みは、中学生活の中で一番自由で、一番大切な時期だということを自覚しましょう。自由な時間を上手に使って勉強する習慣ややる気を培うと、2学期を余裕をもって迎えることができ、9月以降の学習や続く高校受験への準備をムリなく進めることができるでしょう。

タグ

中学二年生の塾、高校受験のために

中学二年生に進級したての頃は、高校受験はまだまだ先のことのように思えます。でも、中学二年生の授業で学ぶことは高校受験に密接にかかわってきます。というのも、地域や学校によって多少の違いはありますが、高校受験で出題される入試問題は、中学一年生の授業内容から約35%、中学二年生から約45%、中学三年生から約20%の割合になっているといわれています。特に公立高校では、近年、学校での授業を重視した出題傾向があるようです。

つまり、中学二年生が高校受験を楽にスタートさせるには、現在進行形の授業をきちんと理解していくことと、一年生のときの復習をしっかり行なうことにあるといえます。
塾においても中学二年生の高校受験対策は、一年生の教科内容の復習を重点的に行って弱点を克服し、中学二年生の授業内容については、学校よりも少し先に進めて理解力と応用力を高めるのが一般的です。また、補習塾では中学二年生の授業内容でも復習を中心に行なうことが多くなります。

推薦による高校受験に限らず、高校受験では中学一年生と中学二年生時の学校の成績も大きな比重を占めることが多いので、中学二年生はクラブなどの課外活動を積極的に行うと同時に、各単元の成績もより良くしていくことを目標にしましょう。

中学二年生が学校の成績をあげるには、自分で一日1時間と時間を決めて計画的に勉強する習慣を身につけることと、市販や学校配布の問題集を繰り返し解く、塾に通って勉強の仕方を身につけるなどがあります。

高校受験のために良い塾を選ぶには、先ずは学力を正しく知ることです。学力より高すぎる塾を選ぶとかえって勉強嫌いになったり、やる気をなくしてしまいます。また、学力があるのに補習中心の塾を選ぶと高校受験に際して競争力が落ちることも考えられます。
学力の他には、生徒(自分)の性格やムリなく通える場所にあるかどうかを総合的に判断して決めることをお勧めします。

中学二年生は中学校の生活の中間の位置にあって、生徒の人格形成のためにも重要な時期です。高校受験という目標を通して、塾で良い先生や楽しい友達と巡りあえば学力も人間性も大きく成長することでしょう。

タグ

中学二年生の塾、中間・期末テスト対策

中学校において、中学一年生は学校のカリキュラムやクラブ活動などに慣れるのに日々忙しく、また中学三年生は高校受験を控え進学・進路を真剣に考える時期です。
中学二年生はその中間にあって、学校生活にも慣れてきた頃ですが、真剣に受験勉強には早い時期なので、各教科への取り組みは好きな教科に限られがちなります。
また、得意教科と不得意教科が自分ではっきり自覚できる学年でもあります。
中学二年生の時期に塾に通うメリットには、各教科へのマンネリ化した態度を克服し、三年生になったときに受験勉強がスムーズに進めることがあげられます。

中学二年生が通う塾は、進学を目標とした進学塾と学校の授業の補習がメインの補習塾、その両方を取り入れた総合塾などがあります。どの塾に通っても中学二年生では、学校のテストに合わせて、学校の定期テストの前には、中間・期末テスト対策が中心になっているのが一般的です。
進学塾では受験用にまで応用を広げた各教科の中間・期末テスト対策を行ない、その結果によって志望校のランク選別を行なったりします。補習塾での中間・期末テスト対策は、学校の授業では理解するのに不足の部分や不得意教科の克服に力をいれた授業が行なわれます。総合塾でも同様の中間・期末テスト対策の授業をするのが普通です。

中学二年生を含む塾通いの生徒に実施したアンケートで、「塾に通うことで何が一番うれしいですか」という質問に、「成績が上がること」だと6割の生徒が答えています。成績は中間・期末テストによって結果が現れるので、この回答は、多くの塾で中間・期末テスト対策が効果的で、生徒のやる気を引き出す授業を行なっているという証拠になるでしょう。

中学二年生の時期には、マンネリ化しやすい学校生活を塾通いによって学習意欲を高め、不得意の教科をひとつでもなくし、中学三年へとつなげることが大切です。
塾を選ぶ際には、生徒の学力や性格にあった塾を選ぶことが重要で、良い塾を選び「塾が面白い」と感じられれば、学校では習得しにくい「勉強の仕方」を自然に身につけることができるでしょう。勉強の仕方が分かれば、授業への態度も積極的になります。それがさらに成績をあげるというプラスの効果をもたらすでしょう。

タグ